Loading

不動産登記

不動産登記

不動産登記は、大切な財産である土地や建物の所在・面積の他、所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載し、これを一般公開することにより、権利関係などの状況を誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割をはたしています。

不動産登記が必要となるケース

・不動産の所有者が亡くなった。
・登記簿上に昔の抵当権が残っていた。
・住宅ローンを完済した。        
・登記簿上の住所と現在の住所が違う。
・不動産を贈与したい。
・離婚による財産分与として、不動産がある。  

リッツトラスト司法書士事務所では、上記に記載した登記手続きはもちろん、先々代名義のままの不動産の名義変更や相続人がいない不動産の名義変更などの複雑な相続登記手続についても対応が可能ですので、お気軽にご相談ください

お急ぎの場合には

PAGE TOP